身内だけで葬儀を行うとき

最低限のマナーを守る

数珠

葬儀の選択肢は時代とともに多様化していますが、大東市でも費用のかからない家族葬を選ぶ方が増えています。
形にこだわらず、ごく親しい身内だけで故人に別れを告げるには、家族葬が望ましいという考え方もあります。
大東市で家族葬といった場合、参列するのは親・子・祖父母・孫・兄弟姉妹までが普通です。
また同じ家で生活を共にしている親族も参列しますが、別の家に住んでいれば基本的に参列しません。
特に求められない限り、参列するとかえってマナー違反になるので注意しましょう。
普段から生活を共にしているわけですから、改まったお悔やみの言葉は特に必要なく、常識の範囲内で挨拶すれば問題ありません。
服装も一般的な喪服なら十分といえます。
どうせ身内だから平服でよいと考える方も大東市にはいますが、葬儀社や火葬場の関係者など、身内以外の人の目もあります。
あまりマナーを外れた服装や言動をしていると、常識を疑われるので気をつけてください。
親しい親族だけで執り行われるため、家族葬では香典を受け取らないのがマナーになっています。
また弔電を辞退するという連絡があれば、送らないようにします。
親族以外で親しい人が亡くなったときは、葬儀が終わった後で香典やお供え物を持って挨拶に伺いましょう。
近年では大東市の葬儀社でも、ニーズに合わせてさまざまな家族葬のプランが用意されています。
故人や家族の希望を取り入れ、満足できる葬儀の形式を選びたいものです。

葬儀社は自分で選べます

式場

病院で亡くなられた場合、病院から大東市で利用できる遺体搬送業者や葬儀屋を紹介されることがあります。
頼るところがないのであれば、病院の紹介業者に依頼するのが楽です。
しかし、依頼する葬儀屋が決まっている場合には、病院の紹介をお断りされても問題ありません。
特に故人のご希望やご家族のご意向で家族葬で執り行う場合には、家族葬の生前予約などで葬儀屋が決まっていることもあるでしょう。
その場合は、大東市で依頼済みの葬儀屋の名前を伝えれば大丈夫です。
また、急逝の場合にはご葬儀の手配などしていないことが多いですが、家族で長年お世話になっている葬儀屋が大東市にあれば、そちらの名前を伝えれば問題ありません。
ご存じないと、病院からの紹介をお断りしてはいけないような気持ちになりますが、病院では頼るところがなく困っている方向けにそのようにしてるだけですので、心配ありません。
家族葬ですでに手配済みの場合や、依頼する葬儀屋が決まっている場合には、依頼する葬儀屋に連絡を入れます。
24時間体制で対応していますので、昼夜問わず連絡を入れることができます。
亡くなった方のお名前やお迎えに行く病院の住所、連絡が取れる電話番号などを知らせます。
病院で用意してくれると思いますが、病院から搬送する際には死亡診断書が必要となります。
お迎えの時間までにご準備いただけるようお願いしてください。
ご自宅に安置する場合には、お布団をご用意いただくとスムーズです。
また、宗派などをうかがった上でお仕度をしてくれます。
搬送の際に、ご自宅もしくは事務所にて家族葬のお打合せとなります。
大東市では予算や宗派、諸般のご事情をヒアリングした上でご葬儀の準備に入ります。

香典なども避けるべき

葬式

大東市では、一般の葬儀より家族葬を選ぶケースが増えています。
その家族葬に参列するにはどのようなマナーが必要なのでしょうか。
家族葬とは家族や近親者など少数で行う葬式で、まれにごく親しい人なども参列することもあります。
そのため遺族からの葬儀案内が来なければ参列してはいけません。
参列者以外の香典や供花、供物も迷惑になる場合も多いのでこれもやめた方がいいでしょう。
これらを送った場合、遺族は返礼品を用意しなければなりません。
家族葬はそのような負担を最小限減らすために行う葬儀です。
後に会った時お悔やみの言葉を述べる程度にとどめておきましょう。
大東市で家族葬を行う場合、人に伝えずにひっそりと行うことがほとんどです。
葬儀後に関係者などに家族葬を行ったことをお知らせします。
中には葬儀前に訃報とともに家族葬を行う旨を伝え、会葬をお断りする場合もあります。
故人の会社や関係先などには先に家族葬をすることを報告し、香典や供花、供物を辞退することをはっきりと伝えておきます。
大東市では葬儀後に焼香などに訪れる人もいます。
しかしこれも人数が多ければ遺族の負担になるので避けた方がいいでしょう。
家族葬の服装は身内だけで行うといっても、きちんとした喪服を着用することが一般的です。
しかし大東市では宗教にとらわれず自由な形で葬儀を行いたいという人も増えています。
僧侶などの読経もない身内だけの葬儀の場合平服で行うこともあります。

身内だけで葬儀を行うとき

数珠

大東市で家族葬を行うときは、親族でも遠い関係にあれば参列しないのが一般的です。また香典は受け取らず、場合によっては弔電も辞退します。参列者は互いに親しい間柄ですが、最低限のマナーを守ることは大切です。

もっと読む

誰が喪主をつとめるべき

棺

家族葬において喪主をつとめるのは、基本的には直系の親族です。まずは配偶者ですが、配偶者がいないか喪主をつとめるのが困難な場合には子どもたちの中から選びます。大東市では長男、長女がつとめる場合が多いですが、同居している別の子や孫がつとめる例もあります。

もっと読む

規模の小さなお葬式

葬儀会場

大東市で家族葬を行う場合には、事前に葬祭業者を選定しておきましょう。そうすることで、希望通りの葬式を執り行うことが可能です。ホームページを参考にし、見積もりを比較して優良な業者に依頼をするようにしましょう。

もっと読む