規模の小さなお葬式

理解を得ましょう

葬儀会場

家族葬を大東市で行おうとする際には、対応してくれる業者選びも大事です。
いざその時が来た場合の多くは、病院に紹介された業者と契約をして、そのままお葬式をします。
しかし、業者によっては家族葬などの規模の小さいお葬式に対応していないことがあります。
なので、親族などの身近な人たちのみで葬式を執り行いたいと考えている場合には、前もって家族葬などが出来る葬祭業者を探しておくと良いでしょう。
大東市内の家族葬を取り扱っている葬祭業者を見つけるには、インターネットの活用が便利です。
現在では、ほとんどの葬祭業者がホームページを公開しています。
ホームページ上では、大まかな予算や供養までの流れが記載されています。
また、ホームページ上から見積もり依頼をすることが可能です。
大東市にあるいくつかの葬祭業者の見積もりを取得して、比較をするのもよいでしょう。
特に家族葬は、明確な定義と言うものが設けられていませので、家族葬と一言でといっても様々なプランが各業者で設けられています。
10名以内のプランから30名程度のプランなどがある為、事前に家族でお呼びする人数の話合いをしておくとスムーズに業者やプランを決定することが出来るでしょう。
しかし、実際に大東市で家族葬を執り行う場合、把握しておきたいことがあります。
それは、家族葬だと理解していない方が当日参列に訪れることがあるということです。
事前に家族葬という旨をしっかりお伝えして、理解してもらうようにしましょう。

故人のお気持ちも考えて

空

近年は家族や親類のみで行う家族葬が多くなっています。
大阪府にある大東市も同様で、大東市には家族葬を専門とする葬儀会社が多くあります。
葬式を執り行う際、最も重要な点が葬儀場所の検討です。
特に家族葬では比較的小規模での実施が可能なことから、葬儀場所として様々な場所が提供されています。
葬儀場所としては以前は自宅で執り行うことが主流でした。
自宅に近所の人が応援に来て葬式を執り行うことが一般的でしたが、今では核家族化が進み、近所との繋がりも希薄になっていることから、減少傾向となっています。
変わって現代において多くなっているのが葬祭会館での実施です。
通夜や通夜ぶるまい、告別式までの儀式を葬祭会館の熟練したスタッフが運営します。
ただし火葬は火葬場で行われることが多く、このため葬祭会館での告別式後に出棺して霊柩車で火葬場に行き、そこで火葬することが一般的です。
葬祭会館以外の葬儀場所として多いのが斎場です。
これは火葬場も兼ね備えた葬儀場所ということで、通夜から火葬までのすべての儀式を斎場で執り行うことが出来ます。
なお葬祭会館であっても火葬まで実施しているところもあり、逆に斎場であっても火葬は実施していないところもあります。
このほか寺院や自治会の集会所で行われることもあります。
ただしこれらの施設では、例えば寺院の場合にはそのお寺の檀家になっていることや自治体の集会所では会費を支払っていることなどの条件があります。
大東市では家族葬を葬祭会館や斎場のほか、神社仏閣も多くあることから寺院で実施することも少なくありません。
このように大東市は他の地域に比べると葬儀場所は充実していると言えます。
いずれにせよ故人のお気持ちを考えた葬儀場所の選定が重要となります。

費用を考える

鈴

葬儀にはいくつかの種類があります。
一般葬の他、家族葬や自宅葬があります。
葬儀を行うにはどの程度の規模や費用での葬儀を行うのか、大東市にもありますが葬儀業者と打ち合わせをする必要があります。
近年特に人気になっているのは、故人の自由度を優先し、ビジネス上の人を呼ばないで行う家族葬です。
葬儀は通常は葬儀本体の費用と寺院費用、そして飲食代がかかりますが、家族葬の場合は一般葬と違って多くの人を呼ばないので飲食代が非常に安くすみます。
その分を葬儀本体の費用に充てる事も出来ますし、トータルコストを抑える事も可能です。
大東市にある業者によっても葬儀費用は大きく違いますが、相場としては一般葬がトータルで150万から200万、家族葬が40万から100万程度と言われています。
一般葬にあたってはどの程度の人が来るかによって葬儀の規模を決めますし、また飲食代も異なります。
大東市にある業者にはすべての費用をパックしたパック料金を提示する業者もありますので、打ち合わせの際に確認する必要があります。
家族葬の場合も同じようにパックがありますが、家族葬は遺族が考える葬儀を故人の為に行う事が主ととなりますので、パックだけでは物足りずに葬儀本体部分を豪華にする場合もあります。
よって家族葬の場合ほど、どのような葬儀をしたいのかをしっかりと業者と打ち合わせをする必要があります。
家族葬には実績や経験が非常に重要ですので、大東市で実績がある業者を選ぶ必要があります。

身内だけで葬儀を行うとき

数珠

大東市で家族葬を行うときは、親族でも遠い関係にあれば参列しないのが一般的です。また香典は受け取らず、場合によっては弔電も辞退します。参列者は互いに親しい間柄ですが、最低限のマナーを守ることは大切です。

もっと読む

誰が喪主をつとめるべき

棺

家族葬において喪主をつとめるのは、基本的には直系の親族です。まずは配偶者ですが、配偶者がいないか喪主をつとめるのが困難な場合には子どもたちの中から選びます。大東市では長男、長女がつとめる場合が多いですが、同居している別の子や孫がつとめる例もあります。

もっと読む

規模の小さなお葬式

葬儀会場

大東市で家族葬を行う場合には、事前に葬祭業者を選定しておきましょう。そうすることで、希望通りの葬式を執り行うことが可能です。ホームページを参考にし、見積もりを比較して優良な業者に依頼をするようにしましょう。

もっと読む