誰が喪主をつとめるべき

喪主の決め方とは

棺

大東市で家族葬を行う場合、喪主は誰にすればいいのでしょうか。
基本的には、家族葬であっても一般葬であっても、喪主としてまず第一の候補となるのは、配偶者です。
しかし、配偶者も病気などで喪主をつとめられる状態にない場合や配偶者がいない場合には、子どもたちの中から選びます。
子どもが複数いる場合には、大東市の古い地区などの場合であれば長男または長女がつとめることが多いですが、同居していた子どもが喪主をつとめるのでも構いませんし、ご家族の中で合意が取れれば特に問題はありません。
また、別居の子よりも同居の孫が喪主として優先される場合も多く、血縁の濃さに加えて、普段の生活の身近さも関係してきます。
同居していても長男、長女の家系ではない場合には、喪主をつとめる旨、予めことわりを入れておく方が、後々のトラブルを未然に防ぐ意味でも重要です。
大東市で家族葬を行うとなると、この家族の範囲をどこまでにするのか、という問題は出てきます。
別居していても子どもは家族と言えるとも考えられますが、別居の兄弟は親族扱いとなり、家族には加えないというのが多いパターンです。
ただ、同じ大東市内に住んでいるのであれば、別居の兄弟家族も参列を希望する事は充分にあり得ますから、その場合は、家族葬よりもやや範囲が広い親族葬になります。
話しを喪主に戻しますと、基本的には直系の親族が喪主をつとめますので、配偶者や子どもがいない場合には親が喪主をつとめることもあります。
兄弟やその家族が喪主をつとめるのは、直系親族がいない場合に限られます。

行わないケースも

線香

北河内エリアに含まれる大東市には、駐車場を完備している葬儀場やセレモニーホールもあるようです。
自家用車で葬儀に参列したいという場合、駐車場のある葬儀場やセレモニーホールはとても便利です。
大東市では葬儀を執り行う方も弔問客の利便性を考え、駐車場のある葬儀場・セレモニーホールを選ぶ傾向にあります。
大東市のみならず大東市の周辺自治体から、参列する場合も駐車場があると便利です。
さて、葬儀の形には色々な種類がありますが、近年「家族葬」が増えています。
核家族化が進み、また葬儀に対する考え方も多様化している事から、参列者がごく限られる家族葬の需要が増えているのです。
家族葬も一般葬と同じく、お通夜を行います。
お通夜は家族や親族が故人とのお別れをする儀式です。
以前、お通夜では一晩中線香の火が消えないようにして、故人を弔うのが一般的でした。
家族葬であってもお通夜を執り行う事は出来ますが原則、家族と親族のみしか参列しない家族葬、ケースによってはお通夜を省くケースもあります。
家族葬においてお通夜を省く理由としては、参列者の都合が合わないという事が挙げられます。
家族は親族が遠方から駆けつけなければいけないという場合、お通夜に間に合わない事も考えられます。
家族葬はご近所の方や故人の仕事関係の方など、すぐに駆けつけられる方は参列しないので、場合によってはお通夜を省く事があるようです。
また、家族や親族に高齢者が多いという場合、負担を考えてお通夜を行わないケースもあります。

葬儀の手順

葬儀

近年では遺族や遺族と親しい方だけの葬儀を行うことが多くなりました。
その葬儀を家族葬といいます。
特に大東市では家族葬専門の葬儀社もありますし、家族葬を取り扱っている葬儀社もあります。
また、大東市は人口も多いので様々なタイプの葬儀ができる葬儀社があります。
葬儀を行う際には、家族葬の参列者に含まれるのは家族のどなたまでか話し合う必要があります。
その他にも香典や供花の受け取りなども話し合って起きましょう。
また、隣近所などの参列をお断りする場合には、理解を求めるため文章を用意しましょう。
家族葬の場合は、参列者へのおもてなしは必要ありません。
そのため、受け付けや会葬返礼品の必要がない葬儀と伝えておきます。
人が亡くなると死亡診断書が必要となります。
病院で出してもらい役所へ提出しなければ火葬することができません。
これは大東市でも同様であり、役所への提出が必要です。
遺族が行っても良いですし、葬儀社でもできます。
病院で葬儀社を紹介されることもありますが「今回は移送だけで」といえば良いでしょう。
また、葬儀にも宗派があります。
なので、亡くなられた方の宗派に従い葬儀を行います。
葬儀社の家族葬パックのようなセット料金もありますが、不要なものも含まれているので、葬儀に必要なものだけを見積もってもらいましょう。
葬儀は急なことなので慌ててしまうため、生前から用意される方も増えてきました。
遺族と話し合って故人の意向に沿い葬儀を行いましょう。
大東市で家族葬を行い場合にもたくさんの葬儀社がありますので、安心しましょう。

身内だけで葬儀を行うとき

数珠

大東市で家族葬を行うときは、親族でも遠い関係にあれば参列しないのが一般的です。また香典は受け取らず、場合によっては弔電も辞退します。参列者は互いに親しい間柄ですが、最低限のマナーを守ることは大切です。

もっと読む

誰が喪主をつとめるべき

棺

家族葬において喪主をつとめるのは、基本的には直系の親族です。まずは配偶者ですが、配偶者がいないか喪主をつとめるのが困難な場合には子どもたちの中から選びます。大東市では長男、長女がつとめる場合が多いですが、同居している別の子や孫がつとめる例もあります。

もっと読む

規模の小さなお葬式

葬儀会場

大東市で家族葬を行う場合には、事前に葬祭業者を選定しておきましょう。そうすることで、希望通りの葬式を執り行うことが可能です。ホームページを参考にし、見積もりを比較して優良な業者に依頼をするようにしましょう。

もっと読む