新しい形のお葬式

金銭面以外のメリットも

数珠

家族や親戚・親しい友人などの少人数で故人を見送る家族葬は現代の生活に合っているお葬式のスタイルといえるため、近年では東京都心部だけでなく大東市でも選択されるケースが増えてきています。
家族葬というと費用負担が軽減出来るというイメージをお持ちの方が多いのですが、メリットはそれだけではありません。
大東市には全国区の会社が多くあるので、大規模なお葬式に参列された経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、お葬式の規模が大きくなればなるほど参列者の対応に追われるため、故人とゆっくりお別れする時間が取れなくなってしまいます。
しかし、家族葬の場合は参列者が故人と親しかった方のみになるので、心静かに思い出を語り合いながら心を込めて見送ることが出来ます。
また、形式にとらわれないのも家族葬の特徴なので、大東市で家族葬を検討中の方は葬儀社をいくつか回ってみると希望に合ったプランを見つけられる可能性が高いです。
家族葬はまだはっきりとした定義がなく、基本的には自宅や小さな会場で執り行われるお葬式を指していることが多いですが、大東市の葬儀社の中には規模が大きくなっても家族葬の長所であるアットホームな雰囲気を大切にしたお葬式を提供しているところもあるので、事前相談を受けられることをおすすめします。
亡くなる前からお葬式の話をすることに抵抗がある方もいらっしゃるとは思いますが、特に家族葬の場合は事前相談で希望をはっきりさせておくことが大事なので珍しいことではありませんし、いざという時に慌てないで済みます。

3つの儀式を行う

棺

大阪市に近いという事もあり、大東市は大阪市のベッドタウンとなっています。
古くからの住宅地が残っているという事もあり、大東市は高齢者数も多いようです。
年齢を重ねてくると、自分の葬儀というものに対して関心を持つ方も増えるでしょう。
大東市ではどのような葬儀が、選ばれているのか事前に確認しておく事をおすすめします。
大規模な葬儀場もある事から大東市では、一般葬を選ぶ方も多いようですが、一般葬に並び家族葬も選ばれているようです。
家族葬の場合、納棺までに行うべき儀式が3つあると言われています。
カジュアルな印象を持たれがちな家族葬ですが、仏式の儀式に則って執り行われるケースがほとんどです。
納棺までには3つの儀式を執り行います。
まずは湯灌という儀式を行うのが、仏式の家族葬の基本です。
湯灌はご遺体を沐浴させる儀式で、故人がこの世で入る最後のお風呂になります。
現世の汚れを落としてキレイな身体で、あの世へ旅立てるように行うのが湯灌です。
家族の前で葬儀社の方が湯灌を行い、その後旅支度へと移るのが納棺の流れとなっています。
旅支度では故人に、白装束を身に着けさせるのが特徴です。
仏様のいる世界へ旅をする為に、白装束へ着替えさせるのです。
白装束へと着替えさせた後は、いよいよ納棺式を執り行います。
納棺式を執り行う際は、故人が生前愛用していたものや、好きだった物も故人と一緒に納棺する事が可能です。
思い出の品を納棺し、故人との最後の別れを行いましょう。

最低限のポイントを抑える

花

今、自分の葬儀を事前に相談する方が増えています。
大東市内でも「エンディングノート」が売れているようです。
大阪府の東に位置する大東市や、大東市の周辺自治体となる門真市や四条畷市にも、葬儀をサポートする葬儀会社がいくつかあります。
以前、お葬式は葬儀社に依頼するのではなく、地域住民で執り行うのが一般的でした。
ですが、準備が大変・葬儀を執り行う場所が無いなどの理由から、今では葬儀社に依頼しセレモニーホールなどで、執り行うケースがほとんどです。
自分が亡くなってからだと、葬儀社を選ぶ事も葬儀のプランを選ぶ事も出来ません。
人生最後のイベントとなるお葬式、より自分らしいものにしたいという方が、事前相談を行うケースが増えたのです。
大東市でサポートしている葬儀社の多くが、事前相談を受け付けています。
事前相談で多いのが「家族葬」の相談です。
家族葬は家族と親族のみが、基本参列するスタイルの葬儀となっています。
参列者の数が少ない家族葬は、一般葬よりも費用を抑えられる点が魅力です。
残った家族に金銭的な負担をかけたくないという想いから、家族葬を事前相談するケースが増えたと考えられます。
家族葬について事前相談する場合、葬儀社に相談しておきたいポイントをチェックしておきましょう。
家族葬の場合、参列する家族や親族の数・宗教や宗派について・互助会に入っているかどうかというポイントを、押さえて相談する事をおすすめします。

身内だけで葬儀を行うとき

数珠

大東市で家族葬を行うときは、親族でも遠い関係にあれば参列しないのが一般的です。また香典は受け取らず、場合によっては弔電も辞退します。参列者は互いに親しい間柄ですが、最低限のマナーを守ることは大切です。

もっと読む

誰が喪主をつとめるべき

棺

家族葬において喪主をつとめるのは、基本的には直系の親族です。まずは配偶者ですが、配偶者がいないか喪主をつとめるのが困難な場合には子どもたちの中から選びます。大東市では長男、長女がつとめる場合が多いですが、同居している別の子や孫がつとめる例もあります。

もっと読む

規模の小さなお葬式

葬儀会場

大東市で家族葬を行う場合には、事前に葬祭業者を選定しておきましょう。そうすることで、希望通りの葬式を執り行うことが可能です。ホームページを参考にし、見積もりを比較して優良な業者に依頼をするようにしましょう。

もっと読む